高校3年間付き合った彼女

高校3年間
20歳の大学生です。
高校時代の3年間、付き合った彼女と別れた話をします。

 

高校一年生の頃のクラスメイト。
クラスに凄く自分好みの可愛い子がいるなと思って、積極的にアプローチしました。

 

小柄で幼い印象のある子でした。
黒髪のおかっぱ頭の前髪をヘアピンで留めているのが可愛い子でした。

 

性格は内気で引っ込み思案でした。
あまり自分からなにかを主張するタイプではなく、いつも聞き役というか、人の話を熱心に聞いて相槌を打つような、そういうタイプの子でした。
人の話に合わせるだけで自分から意見を言わないから、時にはそれが反感を買うこともあったと思います。

 

よく行ったのが水族館です。
彼女は大のイルカ好きで、ことあるごとに水族館に行こうと誘われたのを覚えています。
イルカのショーとかを見ている時のあの真剣な眼差しは今でも印象深く残っています。

 

突然の別れ

 

彼女の方から別れを告げられました。
高校を卒業して十日余りが経過した日です。
別に好きな人が出来たというのが理由でした。
そして僕にはもう愛を感じられないとも言われました。

 

あまりに長い時間一緒に過ごし過ぎたからなのでしょう。
僕達は高校の一年生から卒業までの三年間を共に過ごし、いつだって隣には彼女がいたので、突然の別れ話にはショックを隠せませんでした。
しかし彼女の意志は固く、その決断を変えるつもりは無いとはっきり言われてしまったので、僕は受け入れるしかありませんでした。

 

何も手に付かない日々が続きました。
ただひたすら部屋に閉じこもって彼女との楽しかった思い出に浸りました。
でもその行為は結局は彼女への愛おしさに繋がってしまって、まったく忘れることができませんでした。

 

そのような状態がおよそ三ヶ月間続きました。
このような引きこもりの状態をずっと続けていいはずがない、ある日そう感じました。
だから元カノを忘れる努力をしようと決心したのです。
そこで親友に誰か女の子を紹介してくれないかと頼みました。
今彼氏がいなくて、そしてなるべく元カノとタイプの違う子が良いとリクエストしました。

 

でもそんな都合のいい子がすぐ見つかるわけもなく、最初は友達からということで交際を始めても、僕が依然として元カノを忘れられないでいることを察すると、すぐに愛想を尽かして去っていくのでした。

 

でもこうして誰かと積極的に話して元カノを忘れようとする努力をすることが大事なのだと気付けました。

 

今、別れて辛い人へ

 

別れは誰にとっても辛い経験です。
それが恋人なら尚更です。
そういう辛い別れを経験している方に、僕が送るメッセージは、思いっきり女々しくなれ、です。
ウジウジ悩むなとか、早いとこ忘れろと周りは言いますけど、人への想いはそんな簡単なものじゃないでしょう。

 

むしろ深い愛情があったからこそ、別れが辛いのだから、それをすぐに忘れろと言ったところで無理ですよ。
だから散々悩んで散々クヨクヨして良いのです。
その先に立ち直ったときには、きっと前より強い人間になれるじゃないですか。
そしてきっとまた良い恋愛が見付かるはずです。